無人機もあるモビット、総量規制の対象ということを知っておこう

申し込みから契約までができる無人機も全国に設置されているモビットですが、消費者金融になりますので総量規制の対象になります。
総量規制がどのようなものなのかをモビットを利用するにあたって覚えておきましょう。

モビットは消費者金融です、そして消費者金融は貸金業です。
貸金業は貸金業法に規制されており、その貸金業法の中にあるのが総量規制です。
総量規制では個人が貸金業全体から借り入れる金額を制限しています。
「個人が貸金業から借り入れる総額は年収の3分の1まで」というのが総量規制で決められています。
年収が300万円の方であれば総量規制に基づいて貸金業から借入ができる金額の上限が100万円までとなります。
貸金業からの借り入れ金額が対象となっており、融資限度額が対象ではありません。
実際に借り入れをしている残高が対象となります。
そして銀行カードローンや住宅ローン、マイカーローンなどはその範囲には含まれていません。

実際の借入残高が対象になるものではありますが、貸金業の中の法律になるため消費者金融は融資限度額の設定から慎重になっています。
審査で個人信用情報機関に他貸金業からの借入残高と契約額つまり融資限度額を照会し、総量規制の範囲内での融資を行います。
そのため、個人が借り入れできる金額は、消費者金融は銀行カードローンと比較すると少なくなっています。
多重債務を防止するために誕生した総量規制は決して消費者金融のデメリットになるものではありません。

モビットの口コミまとめ|モビットで借りるために知っておきたいことはこちら