消費者金融の審査に受からないパターンってなに?

融資を受けられない確率が高いパターン

銀行のカードローンなどと違って消費者金融の審査は比較的ゆるめに行われると言われていますが、それでも基本借入を断られるパターンがあります。まず専業主婦の申し込みです。専業主婦で安定した収入がない場合、返済に関するリスクが見え隠れしてしまっています。消費者金融審査甘い金融は担保がなく保証人も不要というところが少なくないですが、これは逆に言えばお金を貸す側からすればリスクが高まっているわけです。専業主婦は月々の返済にあてられるお金の元がそもそも乏しいです。ですから専業主婦はリスキーなので申し込みを基本断られます。他にも債務整理などの金融事故、つまり返済に問題を抱えたことがある人は嫌われやすいでしょう。お金を返さなかったことがある知り合いにお金は貸したくないのと同じです。金融事故は信用情報機関が一定期間保管して参照可能なので、ここで事故情報が見られると審査は受かりにくくなるでしょう。

審査申し込み時にできれば避けたいパターン

金融事故のような大きな事態になっていなくても、審査に影響しやすい小さな要素がいくつかあります。例えば複数の申し込みを立て続けにしているパターンです。例えば100万円借入れたいけど、限度額が低く設定されていることを見越して複数の会社に申し込みしたとしたら、その申し込み情報が参照されてしまう可能性があります。その多重申請を見た審査担当は、経済的にまずい状況にあるとか、複数会社相手に債務を抱えて返済問題が起きるかもしれないと考えるでしょう。ですから申し込みは1社に絞る方が良いです。また転職直後など勤続年数が少なすぎても影響します。転職先が一流企業や政府機関などであれば信頼感が違うでしょうが、中小企業であればまだ安定性は怪しいと判断されるかもしれません。転職を考えているのであれば、転職前に申し込みを出しましょう。